無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月25日 (木)

出産の記憶

みなさま、こんばんは。

私どもの治療院は、‘マタニティ&ベビーのための治療院’というだけございまして、妊娠中の方が大勢いらっしゃいます。本当に少子化かしら?と錯覚してしまう時がありますもの。

みなさま、「出産」という女性の人生においての最大イベントを控えられました方々でございます♪期待と不安でいっぱい。

ところで、出産の体験記というものをご覧になったことはございますでしょうか?

『鼻からスイカが出てくる』驚『体が風船になって、その風船が割れる』驚!!本当に様々な表記がなされていて、一体どんななのかしら?!とまったく想像ができませんの。どなたかいい表現がございましたら教えてくださいませ。

実際に経験してみましたけれど、確かに表現できるものではございませんでした。鼻からスイカも納得でございますわ。笑

出産の痛みはさておきまして、出産の記憶といいますのは、いつまでも鮮明に残っているものだそうです。私も出産時のことは今でも鮮明に覚えております。最後に香ったラベンダーの香りのお話は以前にもこちらで書きましたが、私の出産の記憶を一言で表しますと、『楽しかった!!』なんです♪

ある方のお話では、「満足のいく出産ができた方は、その後の育児も上手にできるのよ」また「その後の夫婦の関係もうまくいくのよ」ですって。確かに☆

「あなたは私がお産のとき、手もにぎってくれなかったわよね!」「あなた、出産に間に合わなかったわよね!」よく耳にいたしませんか?それもわたし達の母親世代の女性から!

私は、すべての女性に満足のいくお産をしていただきたいと心から想っております。そして、楽しく育児をしていただきたいと願っております。また、夫婦が末永く幸せに・・・。

ちなみに私は、『育良クリニック』でお産をいたしました。私の楽しいお産はこのクリニックの先生やみなさまのおかげです。私、また出産するようなことがございましたら、またこちらのクリニックでお願いしたいと想っておりますもの。それか・・・自宅出産かしら♪なんだかワクワクしてきちゃいました!(まだ予定はございませんのであしからず♪)

みなさまから色々なお話をお聞きいたしますが、病院選びも大事なことですよね。

出産をお控えになられたみなさまが、どうかご自身にあったお産ができますように・・・。

天使のたまごwww.tenshinotamago.com

藤原亜季

命の尊さ

赤ちゃんができた時、赤ちゃんの胎動を感じた時、産まれてきた赤ちゃんを初めて見たとき・・・

ママとパパだけでなく、家族も友達も、その新しく誕生した命を、きらきらとした命を最高の笑顔で迎えます。

命はそれだけで輝いている、あなたはそこにいるだけでいい、元気にさえ産まれてきてくれればいい、誰もがそう想っています。

その尊い命の輝きは、大人になると変わってしまうのでしょうか。

そこにいるだけでいい、私はそう思います。

昨日は、アロマの講師で福岡へ出張へ行ってまいりました。帰りのフライトは夜でしたのでキラキラ輝く街の灯りを眺めながら、ふとそんなことを想いました。

2007年1月15日 (月)

アロマセラピー講習へ

みなさま、こんばんは。

今日は久しぶりの日記です。読んでくださっている方、本当にごめんなさい。連絡をくださった方、どうもありがとうございました。元気にしておりますのでご心配なさらないでくださいね。

さて、私、一昨日から2日間、アロマセラピーの講習を受けてまいりました。

‘学ぶ’ということ、とても大切なことですね。いい刺激をたくさんいただきました。

私が受講してまいりましたのは、産婦人科領域のアロマセラピーの授業です。

アロマセラピー理論においては、アロマティーク代表の中村あづさ先生。以前、6月に初めてお会いした時にも感じましたが、バイタリティーがあり凛とした強さを感じます。とても魅力的な女性です。

中村先生のアロマセラピーの授業は本物。精油に対する深い想いが伝わってきました。仏のラベンダー畑、イランイランの精油工場、ネロリの花びらにある精油の袋・・・。

私がアロマセラピーを初めて8年、アロマテラピーの学校で講師もさせていただいておりますが、精油の材料となる植物すべてを実際に見たり触ったりしていません。むしろ、触っていないものの方が多いかもしれません。香りや化学的な成分はわかっていても、もっと大切なものはそのもとになる植物なんじゃないかしら!?実はすごくショックを受けましたの。。。

もう一度、精油について勉強し直す決意をいたしました!フランス、イギリス、マダガスカル、オーストラリア・・・何カ国行けば精油のもとになる植物に触れられるのでしょうね♪

そして後半の理論は、ドクターによる‘妊娠と分娩についての解剖生理学’、‘不妊治療について’の授業。

解剖生理学に関しましては、私たち医療従事者やセラピストが必ず知っておかなくてはいけないことをわかりやすくご説明いただきました。この授業は、前回の授業から引き続き、助産師の教科書1冊分の内容をお教えいただきました。

最近、妊婦さんを扱うアロマテラピーのサロンやセラピストの方を見かけるようになりました。妊婦さんを触っているセラピストの方のどれだけの方が、こういう専門的な勉強をされているでしょうね。きちんとした知識をもたずに施術することが、事故につながるのではないかと感じました。私たちは常に学ぶということをしていかなければいけませんね。

また、不妊治療に関しましては、専門医の先生がとても興味深いお話をお聞かせくださいました。当院にも不妊で悩まれている方がたくさんいらしております。西洋医学的な不妊治療を受けながら鍼灸治療を併用されている方からこれから妊娠をお考えで体質改善をご希望の方など様々ではありますが、東洋医学的な治療でご妊娠された方もいらっしゃいます。ただ、私にその経験がないため、いくら本を読んで知識を得ても正直わかりにくい分野でもあります。ですので、昨日の先生の授業は私にとって、とても有意義なものでございました。

不妊の原因として、‘不明’とされるものが約半分。そして、不妊治療の効果を増大させるのがアロマセラピーだと授業の中でお話されました。リラックスによるストレス除去とマッサージによる血流の改善がその理由だそうです。

私どもの治療により、不妊で悩まれている方のストレスを軽減できるよう、また妊娠しやすい体づくりにこれからも努めてまいります。

妊娠準備から妊娠、そして出産、産後。女性の人生に起きる最大のイベントをサポートしていきたい、そう願っております。

また、一緒に学んだ助産師さんやセラピストの方々との出会いを大切にしたいと思っております。これからもよろしくお願いします♪

そして、このような素晴らしいコースを主宰してくださいましたアロマティークのみなさまに心より感謝申し上げます。

それではみなさま、おやすみなさいませ。お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

天使のたまごwww.tenshinotamago.com

藤原亜季

2007年1月 3日 (水)

謹賀新年

あけまして おめでとうございます。

お健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

本年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

さて、みなさま どのようなお正月をお過ごしでいらっしゃいますか。

私は大晦日、おそばを打ちまして、家族、友人らと一緒に年越しをいたしました。昨年1年のことを思い返しながらおそばをこね、本年の抱負を思い描きながらおそばを切りました。Soba_edited

少し不揃いな太さのおそばがまた美味しく感じられました。Photo_32

そしてお正月、京都の白味噌のお雑煮をいただき新年を感じました。その後は家族そろって初詣。今年はどのような1年になるでしょうか。楽しみでございますわね。

みなさまにとりまして、本年がより一層の輝かしい年となりますよう 心よりお祈り申し上げます。

当院は本日より治療を開始いたしております。年末年始のお疲れ、どうぞ たまらない程度でいらしてくださいませね。

天使のたまごwww.tenshinotamago.com

藤原亜季

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31